ミドリムシ(ユーグレナ)のサプリメントである緑の奇蹟で世界中の人々を健康にし笑顔にしたいこれが私達の願いです

美容/ヘルス

美容・健康の基本

基本的に、バランスの良い食事、適度な運動、規則的な生活習慣これに尽きると思われます!
しかし現代人!暴飲、暴食、偏った食事、喫煙、睡眠不足、ストレス、食品に含まれる化学物質、その他により年を重ねるにつれ、様々な体の偏重をきたす様になっています。
特に女性は、肥満、肌荒れ、便秘など美に関して様々な方法を試している方が多く見られます。「ヘルス・サプリ・ダイエット・食事制限・その他」
体の中から健康になる!そして、健康美人になる!そんな方法を考えませんか?

成長ホルモンを大量に分泌!加圧トレーニングの威力

加圧トレーニングの効果クリック

  • 成長ホルモンて何ですか?

成長ホルモンの働きを知る前に、どのようなものなのかを簡単に説明しておきます。
人の体内から分泌される成長ホルモンは、正確には、ヒト成長ホルモンと言います。英語では、"Human Growth Hormone"と良い、略してHGHとの呼び方もされます。

主に、視床下部の脳下垂体を中心として分泌されますが、他のホルモンも含めると、甲状腺、副腎、生殖器、膵臓、消火器、胃腸、心臓血管、脂肪や神経系など、体の様々な部位で作り出されます。

構成は、191個のアミノ酸から成り立っているのですが、私達の体の中で分泌されるホルモンや酵素などは、基本的にアミノ酸で構成されていますので、アミノ酸の摂取は、生体活動を支える上でも重要な事です。

  • 成長ホルモンの主な働き!

成長ホルモンの主な働きは、標的器官に分泌されることでその組織の成長を促す事と、代謝をコントロールする事です。これらは、成長ホルモンの信号を受信することのできる受容体の存在が必要で、この組織に働きかけを行う事で、成長や代謝が促進されます。

前者の働きでは、例えば、骨の骨端線(こったんせん)に働きかける事で、骨を成長させる事ができます。また骨だけではなく、女性であれば、バストのラクトゲン受容体に働きかける事で、バストの成長に関わってきます。

また、組織の成長だけではなく、代謝を促進する働きもあり、脂肪細胞が燃焼しやすくする働きや細胞の結合を強くする働きなどがあるほかに、病気への抵抗力を引き上げたり、筋肉をはじめとする細胞の修復を促進したりなど、私達の体がより健康的になる上でとても重要な役割があるのです。

成長ホルモンは、体の細胞を活性化させる事や、体の恒常性を維持する上でも重要な存在なのです。

それから、働きかけには2つの経路が存在していて、一つは、脳下垂体から、各組織の受容体へと直接働きかけるパターン。もう一つは、肝臓を経由してIGF-1(インスリン様成長因子-1、ソマトメジンC)という別の成分に変わってから、各組織へ働きかけを行うパターンです。

肝臓は、体内に取り込まれた栄養が一時的に貯蔵される場所なので、ここから各組織に運ばれたほうが、効率が良くなります。

  • 20台半ばからの分泌量の減少と身体からのシグナル

成長期が終わると、成長ホルモンの分泌量も減少し、次第に、体に変化が現れています。今までよりも、疲れやすくなる、記憶力の低下、肌の衰え、髪の艶が無くなり白髪が目立つようになる。病気にかかりやすくなる。食事の量は変えていないのに下腹部が緩くなってきたなど。

このような症状が現われるの時期と、成長ホルモンの分泌が減る時期は重なっていて、明らかに分泌量の減少による体の変化だとわかります。また、生活習慣が乱れがちだと、生活習慣病のリスクを高くしてしまいます。

老化を遅らせる為にも、成長ホルモンは必要な存在なので、平均よりも老化が早いと感じている場合には、どうにか成長ホルモンの分泌を増やす方法に取り組まなければなりません。

体内で分泌される量も、別のホルモンによって制限されるようになると言われていて、この作用を上手く活用できるかが鍵となりそうです

  • 成長ホルモンの役割と年齢

成長ホルモンは、脳にある下垂体というところで産生され体のさまざまな機能をコントロールするという大切な役割を担っています。
人間には体内に100種以上のホルモンがあるといわれ、それぞれが決まった役割をはたすことで、私たちの体は正常に保たれているのです。
成長ホルモンの役割は名前のとうり身長の成長を促進するホルモンです。
しかし、成長ホルモンにはもう1つ重要な役割があります。
それは、体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働きです(これを代謝といいます)。
私たちが生きていくためには、体内でエネルギーをつくることが欠かせませんが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。
つまり成長ホルモンは、子どもから大人まで、あらゆる年齢に必要なホルモンなのです。

成長ホルモンは、成長期の10代がピークで、その後どんどん減少し、40代で約半分に、80代では20分の1にまで減少してしまいます。
また、閉経後の女性、肥満者などでは分泌量の減少が促進されます。

そして、それと同時に成長ホルモンが減少すると体に様々なトラブルが起こりやすくなってくるわけです。

成長ホルモンは成長期にだけ必要かというとそうではなく、成人になってからも必要で、成人や高齢者で成長ホルモンが不足すると、体脂肪量の増加、骨格筋強度の低下、筋力低下、強い疲労、骨密度(BMD)の低下、脂質、心血管マーカー(IMTなど)の異常、うつ状態、認知能低下、QOLの低下(やる気や活力の低下、情緒不安定、疎外感など)などの症状がみられるようになります。

ましてや女性の大敵、皮膚のくすみ・たるみ、脂肪の蓄積などにも大きく影響を及ぼします。

成長ホルモンの分泌低下の原因は、加齢だけではありません。
不規則な生活習慣、運動不足、睡眠不足、栄養の偏りなど年齢に関わらずその分泌量は減少します。

  • 成長ホルモン分泌法

現在、成長ホルモンを増やす方法として、三つの方法があります。成長ホルモンを直接注射する方法や、成長ホルモンの分泌を促進する成分を摂取する方法があります。

そして三つ目はスロートレーニングや加圧トレーニングなどによって、成長ホルモンの分泌を促進させる方法です。

一つ目の直接注射する方法は低身長症の治療に成長期の子供にしか使えないので、ただ背を高くしたいなどほかの用途には使えません。
美容の為などに使用する場合は保険の適用もなく、かなりの高額な医療費が掛かります。

二つ目の成長ホルモンの分泌を促進させる方法はサプリメントなどからによるものです。
成長ホルモンとは脳下垂体から分泌される191個のアミノ酸からなる単鎖の蛋白ホルモンです。
アミノ酸には多くの種類がありますが、人間が必要なアミノ酸は20種類です。
このうち人間の体内で合成できる11種類のアミノ酸を非必須アミノ酸、体内で合成できないものを必須アミノ酸と呼んでいます。

成長ホルモンの分泌を促進させる為にはアミノ酸のサプリメントを摂取すれば良い訳です。
安いのから高額な商品まで沢山のアミノ酸サプリメントが出回っています。

三つ目のトレーニングによって分泌を促進させる方法はトレーニングによって血流を制限すると、 
筋肉内には二酸化炭素や乳酸 (疲労時に増える物質)といった体内物質が増えるのです。
するとその情報が脳に伝わり、筋肉内の環境を改善しようと、筋肉の成長に欠かせない成長ホルモンが分泌され、この大量に分泌されるホルモンが、筋肉を大きくし、また脂肪を分解するのです。
スロートレーニングや加圧トレーニングはどちらも効率よく、成長ホルモンの分泌を促進させるのが目的です。
特にスロートレーニングはやり方を覚えればお金も掛からずに自分の体だけで成長ホルモンの分泌が促進されます。

  • 成長ホルモンによる美容・ダイエット

成長ホルモンは、一生の間分泌されていて、脂肪組織や筋肉など全身に働いて代謝を調節し、体の組成を正常な割合で維持し、身体機能を正常に維持する働きをします。

年齢とともに分泌が減少する成長ホルモンを若かった頃の様に分泌させれば、
新陳代謝を活性化することで肌に張りやツヤを出す、更年期障害の改善、記憶力向上、疲労回復が早くなる、
心肺機能の改善、血圧安定、 性的機能の改善、 視力向上、 骨粗しょう症予防、 熟睡できる、免疫力向上、白髪の改善。。。。。まさに若返りです。

ボディラインが引き締まり、外見が若返る。
そして、体の各機能が正常にもどる。
これは女性だけでなく男性にとっても美容以上の健康効果が期待される為、
特に注目されているホルモンです。

そして成長ホルモンには強力な脂肪分解作用があります。
体脂肪、特に内臓脂肪を減少させ、体液、特に細胞外液を増加させることが知られています 。
40代より20代の方が太りにくいのは成長ホルモンによる脂肪分解作用によるものです。
また成長ホルモンは精神心理的な健康を保持する働きがある事が知られています。

成長ホルモンはダイエットや美容以上の仕事をしてくれるとても大事なホルモンです。
規則正しい生活と適度な運動を試みるだけでアンチエイジング(若返り)を手に入れる事が出来るなんて
以外に簡単だと思いませんか?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

}}