ミドリムシ(ユーグレナ)のサプリメントである緑の奇蹟で世界中の人々を健康にし笑顔にしたいこれが私達の願いです

''安全性試験・研究体制''

画像の説明

ユーグレナ社東京大学内ラボ
(研究室)の様子

画像の説明

生産技術研究所
(沖縄県・石垣島)

画像の説明

ユーグレナ社東京大学ラボ内
(研究風景)

ユーグレナ社では、ミドリムシを利用した事業を最終的に5つの分野へ展開していく戦略を描いています。これはバイオマスの5Fの考えに則って、価格が高い順からFood(食料)、Fiber(繊維)、Feed(飼料)、Fertilizer(肥料)、Fuel(燃料)の各分野へ展開することを目的に、ミドリムシを生産していくものです。そして培養技術の更なる向上・開発によって、原料の低コスト化を図り、価格が高いものから低いものへと展開していくシステムの構築を試みています。
現在はバイオマスの5Fの内、一番価格が高いFood(食料)を切り口として、機能性食品及び化粧品を事業化しておりますが、今後は、Feed(飼料)及びFuel(燃料)等の事業化を目指していきます。また、ユーグレナ特有の成分であるパラミロンは、水・油に対する不溶性を有する一方で吸水性・吸油性を持つ特殊な素材のため、洗顔剤やフィルム等への応用も考えられます。

ユーグレナ社は、パラミロンのもつこの性質を活かし、将来的には化粧品以外にも様々な工業製品への利用可能性を追求していきます。

画像の説明

共同研究体制ユーグレナ社は、東京大学が大学発ベンチャー企業の支援を行うための施設として2007年に建設した『東京大学アントレプレナープラザ』に研究室と、石垣産ユーグレナの産地である沖縄県の石垣島に生産技術研究所を設け、ミドリムシに関して多岐にわたる研究に取り組んでいます。
また、東京大学、大阪府立大学、近畿大学、兵庫県立大学などの国内大学とも連携。共同研究先にて行われている研究成果に基づいて、ミドリムシを活用した事業開発及び生産技術開発等も行っています。
そして、大学だけでなく、JX日鉱日石エネルギー株式会社(旧:新日本石油株式会社)、株式会社日立プラントテクノロジーとも、ミドリムシを原料としたバイオジェット燃料の製造に関して共同研究に着手しています。当社の持つミドリムシの培養技術、日立プラントテクノロジーの培養等のプロセス技術、JX日鉱日石エネルギーの燃料化技術などの要素技術開発を進めていくことで、事業化実現の可能性について検討しています。

主な研究項目
・ミドリムシ培養技術向上のための研究
・食品・化粧品・飼料としての機能性研究
・食品・化粧品・飼料としての安全性研究
・ミドリムシの二酸化炭素固定化・バイオ燃料への応用研究
・その他藻類の多面的な研究

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

}}