ミドリムシ(ユーグレナ)のサプリメントである緑の奇蹟で世界中の人々を健康にし笑顔にしたいこれが私達の願いです

''アミノ酸スコア83の「高タンパク質食品」'' 

アミノ酸スコア100

アミノ酸には20種類ほどあり、9種類ぐらいの食事から必ず取らなければならない必須アミノ酸があります。何枚かの板で作られている「樽」にアミノ酸をたとえますと、そのうち1枚だけ板の長さが短ければ、その一番短い板のところまでしか水を入れた時に入りません。そのように、最も低いところで統一されてしまうのがアミノ酸です。そして、アミノ酸スコア100というのは、樽いっぱいまでのバランスをちゃんと考えてあるものです。必須アミノ酸が樽いっぱいになるように設定されているという意味です。
100が満点となっています。

すごくよいものを取っていますが、スポーツ前はBCAAを取ったほうが、アミノ酸スコア100よりも本当はいいです。そして、スポーツが終わった後には、アミノ酸スコア100とかリカメンが最も適しています。
そういう取り方が上手にいけば、思った以上にいい体が作られます。使い方を少し間違っただけで逆効果になることもあります。

スポーツをしない人は、夜にアミノ酸を取りましょう。アミノ酸とかペプチドは、ホルモンや酵素に変わります。整腸、美肌、脂肪を燃やすホルモンといったものは、夜に合成されます。そういった意味で、特別スポーツをしない女性は夜寝る前に摂取するのが最適です。それが最も効果的です。

このように、スポーツの前にはBCAA、スポーツの後にはアミノ酸スコア100と上にく使い分をすることで、パフォーマンスが全然違います。そのため、アメリカのトップアスリートといった人たちは自分でそういった使い分けをしています。

そういったあたりがニュートリションの恐さで、使用方法を一度覚えてしまうとやめられません。自由自在に使用できるようになると、自分の体をスタイルも内臓すべてデザインすることが可能になります。

痩せるのか太るのか、健康になるのか病気になるのか。食というのは、わたしたちが生きて行くにあたってのたったひとつの綱ですから、食によって可能になることってとても大きいです。
それを自由自在に操つることができれば、病気予防というよりも積極的に体をデザインできるようになります。栄養素によって自分の体をデザインできるとなれば、遺伝子は別として、アメリカでいうスーパーヘルスのように、150歳寿命説が実現されるかもしれません。

必須アミノ酸  

人体のあらゆるところでたんぱく質は基本的構成成分として存在しています。そして、そのたんぱく質は20種類のアミノ酸によって構成され、このうち十分に合成されないか、または体内で合成されないアミノ酸を必須アミノ酸といいメチオニン、バリン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、トリプトファンの8種類あります。幼児期のみに必須とされるヒスチジンを加えて9種類とする場合もあります。残りの11種類を非必須アミノ酸といいグルタミン酸、アスパラギン酸、シスチン、チロシン、グルタミン、アラニン、プロリン、セリン、グリシン、アスパラギン、アルギニンが有ります。しかし、必須・非必須には関係なく体内における重要性は同じです。

●成長期のアミノ酸

 たんぱく質の栄養価は構成するアミノ酸の量と種類によって決められます。重要な点はそのバランスです。バランスが悪いとたんぱく質としての利用率がさがり、健康を損なう要素となります。さらに、見落としがちとなるのが子供のたんぱく質の所要量です。9歳の男子の必要量は40歳の男性より多いのです。
十分な栄養補給が成長期には必要です。学校給食に安心して家庭の食事がおろそかにはなっていませんか。

アミノ酸スコア

 アミノ酸スコアがそのバランスを示すものとしてあります。必須アミノ酸の含有率(1973年FAO/WHOアミノ酸パターンと比較)をだし、最も少ないものを第一制限アミノ酸とし、アミノ酸スコアはその数値がその食品のものとして示されています。
この事から分かるように8種類のアミノ酸のうちの7種類がどれだけ豊富に含まれていたとしても第一制限アミノ酸がもし40しかなければ、その食品のアミノ酸スコアは40となります。しかし、他の食品と一緒に食べた場合、双方のアミノ酸の数値が影響しあいます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

}}